2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>



















先週18日19日と大型クレーン車と高所作業車 廃棄用車両のクレーン車

職人さん6人に重機操縦者とガードマンさん計8人で伐採開始

邪魔にならぬよう約800枚ほど記録写真を撮りました。





右奥が倒れかけたご神木 真ん中と左が兄弟のタブの木


タブ伐採1bbk 2015-09-18 017_edited-1.jpg








この写真の左奥にクレーン車がありその先のワイヤーロープで

幹を固定してひとりが一番上から伐採して吊り下ろし

二人の職人さんが畑の空き地で幹と枝葉に分けながら

2t車に積み込み山の廃棄場所へとプロの段取りは流石でした。




タブ伐採1bbk 2015-09-18 022.jpg







分業で年配の方が屋根に乗った幹の枝葉を落とす

完全に折れたわけではないので幹自体が軽くなると

弾みで人を跳ね飛ばす危険もあるとのこと。




タブ伐採1wbk 2015-09-18 023.jpg






何とか西側の入口から敷地に入ったクレーン車

タブ伐採1bbk 2015-09-18 035.jpg







先々のことを考慮して兄弟タブは真ん中を残して左端は根が張りすぎて

塀を壊す可能性があるとの判断で根絶と判断されました。



タブ伐採1bbk 2015-09-18 038.jpg


写真を撮りながら感謝と謝罪の言葉を・・・。



連休と雨で最後の作業は昨日土曜日に無事終了しました。

少しずつですが時系列無視ながらでもUPしていきます。

来週からは工務店さんが家の補修にかかります、

何かと落ち着かず写真の整理もブログ更新もままならず

雑用におわれていますが皆様のところへはお邪魔しております

コメントも残せず失礼をお許しくださいませ。












 
おきてがみ















 

comment

おはようございます。

タブのご神木、
想像はしていましたがそれをはるかに上回る大木。
何百年たっているのでしょうか?
大がかりな職人による大整理、そして家の補修。
台風の残していったものの大きさが伝わります。
怪我や災いのないことを祈ります。

  • odori
  • 2015/09/27 8:38 AM

odoriさん
おはようございます。

おかげ様で恙なくご神木やその他の雑木も片付きました。
お祓いの時の「咎や災いなど障りなきように・・・」
の祓詞の有難さが伝わって来ました。

夏でもうっそうと大きな木陰で涼しい風が吹いていた
北側も明るくなりましたが冬の北風が心配になりました(笑

色々とご心配おかけいたしました。
また旅先からのお心遣い有難うございました。

  • ネギぼうず
  • 2015/09/27 10:39 AM

素晴らしい大木だったのですね。そして物語のように感慨深い数日間だったのですね。
日本各地で起こっている災害のひとつがネギさんのお宅にまで及んでいたことに心が痛みます。
それでもしっかりと昇霊をされ、心から労をねぎらっておられるネギさんの心根に感謝しながら、ご神木のお役目をホッとした思いで終えられたのではないでしょうか。
歴史あるお宅だからこそ、新たなステップの大きさも意義深いですね。
これからも終えた命も続いている命もきっと見守り続けてくれることだろうなと思っています。

季節の変わり目です。どうか無理をなさいませんように。

  • まろゆーろ
  • 2015/09/27 11:28 PM

こんばんは

連休と雨で日程が延びてしまったのですね
無事作業が終って良かったですね
職人さんが上っている写真でタブの木の大きさがわかりました

しばらく更新がなかったので
ネギさんお疲れでダウンしてしまったのでは? と心配していました

まだ気が抜けないと思いますが
無理しないでくださいね

こちらは来週は義父の一周忌
再来週は母の退院の予定ですが
色々と問題があり
まだ受け入れ先が決まっていない
状況です
介護施設も年々入所が難しくなっていますね
出来る手続きは全て終わり
あとは連絡を待つのみです



まろゆーろさん

まさかの天災に少々動転いたしましたが
そのように仰っていただきわたくし自身も
役目を果たせた気がいたします、ありがとうございます。
これも良い変化への一歩と思えるようになりました。
歴史などございませんが
息子達の代に大きな負の遺産を残すことはできません
これからは一汁一菜だからと言い聞かせております(笑

2,3年もすればまた若枝から葉が茂り命が繋がることを期待しています。

今晩のスーパー・ムーン特別な思いで眺めていました。

  • ネギぼうず
  • 2015/09/28 12:35 AM

craneさん
ご心配おかけいたしました。
おかげ様で無事終了しました^^
確かに少し疲労感はありましたが
やはり職人さん方へのお接待や雑用に追われていました

時間がなく写真の整理もできず更新を休んでしまいました。

craneさんもお忙しいですねお身体大丈夫でしょうか?
早いものですね、お義父様の一周忌ですか
介護施設入所の選択肢が減りまた困難になっていますね
行政への提出書類の事務手続きも多く大変さよくわかりますよ
わたくしも同じく現在進行形の身ですから。
どうぞご無理なさいませんように。

  • ネギぼうず
  • 2015/09/28 12:54 AM

まあ〜・・・口あんぐり。
最初に見たタブの樹の写真よりずっと大きくて、クレーン車も登場で・・・またまたびっくりしております。
職人さんが立ってらっしゃる枝だけでも相当な太さですが、伐採した枝で家具を造るなど再利用はできないのでしょうか?
これだけのものをただ捨ててしまうのはもったいなく、心が痛みます。

  • HAL
  • 2015/09/28 12:21 PM

HALさん
こんにちは。
職人さんもあまりの大きさに驚かれていました。
どんな山奥でも見たことがないそうです(笑
確かに何百年と生き続けた証しの年輪を見て
破棄することは心が痛み申し訳ない事ですので
社長さんに相談してみました、
先ず保存場所 移動させる手段 加工工場 一番の問題は
生木なのでこの太さだと10年以上乾燥させないと
家具等に加工できないそうです。
山で静かに土に還らせてあげることが供養ですよと教えていただきました。

一番困っているのはカラスさんとアオバズクのカップルでしょう
毎年子育てを頑張っていたマイホームが突然無くなったのですから・・・
罪な事ですよね^^;
許してくれるでしょうか?

  • ネギぼうず
  • 2015/09/28 1:32 PM









trackback